種類がたくさんあるプロテイン

   

筋力強化や美容や栄養効果を高めるために、スポーツ選手や運動習慣がある方など年齢性別を問わずプロテインを服用しています。初めての方には、種類が複数あるため選び方で悩む所です。
ホエイタイプは、牛乳を原料としていて低カロリーな上に栄養が凝縮していることが特徴です。運動してすぐはたんぱく質が低下しやすいですから、すぐに補給することで吸収が高まります。ガセインタイプは、牛乳が原料ですがチーズやヨーグルトを固める成分の一つです。不溶性で固まりやすい特徴があります。原料が大豆のソイタイプは、腹持ちが良くダイエットに最適です。筋トレや有酸素運動を組み合わせることで、脂肪燃焼効果を高めてくれます。ただし水に溶けにくいため、シェーカーで混ぜる時間が掛かることやだまになりやすいのが欠点です。

プロテインを利用するメリット

プロテインは、たんぱく質を確実に補充してくれて筋力強化にも高い効果があります。特に、運動前や合間に摂取することで、身体や持久力強化にも繋がります。運動後にもメリットがあり、筋たんぱく質の合成にも効果があります。
食事にて、肉や卵などでもたんぱく質は摂れますが、脂質を多く含んでいる食べ物もあります。その分プロテインは、脂質が少ないタイプだと体重管理にも効果をもたらします。必須アミノ酸やBCAAのようなアミノ酸単位での体内作用も高めてくれます。筋トレをされている方には、損傷を予防する効果をもたらし怪我の予防やトレーニングの質を高める効果があります。

プロテインにデメリットは無いのか

プロテインは、栄養価が高く筋トレをはじめ運動をしている方にとっては、怪我の予防や運動効果を高める要素が満載です。しかし、上手に摂取しないと逆効果になりかねません。
筋トレなど瞬発的運動を1.6から1.7g/体重/日、有酸素などの持久的な運動で1.2から1.4g/体重/日が、一日のたんぱく質摂取における目安です。その上、毎回の食事でたんぱく質を少なからず摂る場合には、その分も計算に入れることが必要です。プロテインと食事を上手に組み合わせないと過剰摂取になり、肥満など健康面での悪影響を及ぼします。
インターネットで購入可能な海外での商品にて、一部ヒ素や水銀など重金属が検出されています。安全基準を超えた数値のプロテインも販売されている場合もあり、事前に栄養価を確認することが必要です。その上で予算や味などを含め自分に合った商品を購入することが、長くプロテインを楽しむことに繋がります。