プロテインを上手に摂ると高い効果がある

   

人は、運動をした後に単純に身体の機能や疲労が回復するだけではありません。24から48時間程度の休息を摂ることで、運動前よりもエネルギーを高められる機能があり、これを超回復といいます。
プロテインには、超回復の効果をサポートする役割もあります。たんぱく質やアミノ酸には、筋繊維を今よりも太くする作用をもたらします。特に筋トレや瞬発的な運動をした際には、筋肉の組織が壊れます。人にはこれを元に戻そうとする機能があります。トレーニング後にはたんぱく質が分解されやすい状態ですからプロテインを摂ることでたんぱく質の分解を防いでくれる上、筋力強化を図れます。
日頃の食事にて肉や魚などでたんぱく質を意識して摂っていても、疲労感が抜けなかったり筋肉痛の状態が続いている場合は日頃十分な摂取が出来ていない状態です。プロテインが各種栄養補助をお手伝いします。

女性向けプロテインの効果

女性がプロテインを摂る目的は、筋力強化や栄養補給などそれぞれに異なります。産前産後などで減量をする際に、糖質や脂質のコントロールが必要です。食事量も十分に摂りつつ、脂肪分を抑制しながらたんぱく質を摂ることで効果を高めてくれます。ただし、体質や身体の状態によって選ぶことが必要なので、かかりつけ医やスポーツトレーナーに相談する方がおすすめです。
理想的な身体つくりの為に体重を増やしたい場合は、筋トレをした後にタイミングよくたんぱく質などの栄養素を摂る必要があります。スポーツジムなど外出先では、プロテインはその役割を大いに果たしてくれます。日頃食が細かったり、不規則な生活で栄養面が少ない料理のみ食べている方にはエネルギー源の補給効果にもなります。

子供向けプロテインの効果

子供のたんぱく質摂取は、1日当たり50から60gが推奨されています。上限は摂取カロリー全体の20%ですから、小学生で概ね100gです。その上、スポーツをしている子どもの場合は、食事量は多くなりやすく上限いっぱいになることが多いです。
プロテインにはたんぱく質を補充する役割はありますが、それだけで筋肉質な身体になることはありません。大人のような激しい筋トレもしないので、尚更です。骨の成長にも効果がありますが、過剰摂取により体内のカルシウムを多く排出してしまいます。身長が伸びなくなったり肥満の原因にもなりますから、子どものプロテインの摂取には注意が必要です。