プロテインの摂るタイミング以外で大切な点

   

プロテインは、タンパク質の一種です。肉や魚と同じに分類されます。そのため、食事やおやつと同じ感覚で摂取しても問題ありません。しかし、たんぱく質以外に必要なビタミンなどの栄養素は多く含まれていません。食事のように決められたタイミングがあるので、それに合わせて摂取すると高い効果が見込めます。
筋トレや持久系の運動をされている方には、人の身体には運動後48時間以内の超回復により、筋肉の回復を図ります。疲労がある方にも、疲労回復を助けてくれます。たとえトレーニングを休む日でも、プロテインを摂取しなくて良いわけではないのです。1日1回から2回は、摂取することで身体の機能を強化してくれる役割を担います。

運動後45分以内はプロテイン摂取におすすめ

筋トレなど運動をした後、激しく活動した場合は筋肉が栄養補給と回復を求めている状態です。特に運動後45分以内では、筋肉へ送るアミノ酸の量が普段の3倍までアップしている状態です。特に、ウェイトトレーニングなどで酷使した状態にてプロテインを摂取すると、非常に高い効果が見込めます。運動で栄養素を使用しており足りなくなっていますから、筋肉が減ってしまう可能性があります。トレーニングをしても効果を低下させることになりかねません。
その際、ホエータイプだと吸収スピードが速いため、即効性を高められます。チョコなどの糖質や米やパンなどの炭水化物を同時に補給することでも、より高い効果をもたらします。ただし、プロテインの過剰摂取は逆効果ですから適量を守って摂取します。

就寝前と朝食後にもプロテインはおすすめ

就寝前と朝食後は、プロテインを補給することで高い効果をもたらします。
人は眠っている時間も、成長ホルモンが働いている状態にあります。特に筋肉の成長を補助してくれますから、トレーニングをされている方には、効果を高めるお手伝いをしてくれます。ただし、寝る直前だと胃に負担を与えかねませんから、30分以上前が良いです。特に大豆タイプは、ゆっくりとたんぱく質を補給しますからおすすめです。
たとえ就寝前にプロテインを摂取していても、起床時は効果がなくなっています。身体が新たな栄養やたんぱく質を求めている状態ですから、プロテインが欠かせません。特に朝食を日頃摂らなかったり手軽なメニューにしている方には、摂取するだけでも身体に栄養を与えてくれます。朝食にきっちりとたんぱく質を入れている方には、少量で十分です。